M男性を多頭飼いする天性の女王様 | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > 複数・乱交・多頭飼い > M男性を多頭飼いする天性の女王様
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • ようすけ

    関西で金蹴り、玉責めに興味ある女性のかた、楽しくプレイしませんか。 –

    2018 09/13 7:41 pm
  • 人志

    女性が気持ち良い姿を見たい。 –

    2018 08/16 6:38 am
  • 人志

    女性の気持ち良く成る姿を見て見たい。 –

    2018 08/16 6:36 am
  • ルトラキ

    貴女の心の中にあるM性を自覚したのはいつですか? それはどんな事がきっかけだったのでしょう? 最初はメールをやり取りする中で、お互いの人柄や考え方などをゆっくりと時間を掛けて 理解しあえればって思っています。 そしていつか自然にお互いに「逢ってみたい」という気持ちが生まれる・・・そんな出会い が理想です(^-^)。 相手にどんな事をしたいか、どんなジャンルの調教が好きか等という性的や肉体だけの 「単なるプレイの関係」というものではなく「お互いを尊重し、心から信頼しあった絆」 を築ける方を希望しています。 興味がある事などを色々試していく中で、貴女の心に秘められている嗜好を二人で発見 しながら一緒に歩んで行きませんか?。 僕の嗜好を少しお話しすると、緊縛・言葉責め・羞恥、そして羞恥心を更に煽るための ソフトな露出などです。 苦痛を伴う事やスカトロ等は好みではありません。 ハードな調教や体験をされてきた方とは、おそらくお話が合わないと思います。 心の中に芽生えたM性を確かめてみたい方、僕に対して興味を持って頂けた方も、 少し勇気を出してメールを頂けませんか。 心よりお待ちしております。 メールアドレス:loutraki_moon@yahoo.co.jp –

    2018 07/12 11:42 pm
  • 本気のイラマチオを受け入れてくれる人いませんか? 死なない程度に –

    2018 05/30 6:14 pm
  • ゆう

    大阪からです。 金蹴りに興味がある女性とメールしてみたいです。 よろしくお願いします(^o^) –

    2018 04/03 12:35 pm

縛 遼太郎入門

SMは生き様だ!

どんなふうに生きるか、死ぬか。SMに捧げてもいいだろう!本気でSM調教をして生きていきたい!

使ってみる

M男性を多頭飼いする天性の女王様

オス豚多頭調教

女王様を生業としているわけではありませんがS女性としてM男性を飼育しています。
プロのミストレスさんよりもひょっとしたら経験は豊富かもしれません。
お金のやり取り無しで、心の奥底にあるサディズムが女王様として生きることを望んでいるから。

私が女王様になるのは必然だったのです。

多頭飼いしているので複数のM男性を調教する事もあります。
私に気に入られようと頑張るマゾ男を見ると幸せですね。

M男がS女を求める以上に私はM男性と出会いたいと思っています。
美女の生き血を吸うヴァンパイアの様なものでしょうね。
文字通り血まみれにする事もありますからね(笑)

「四つんばいになりアナルをこちらに向けなさい」

二人のM男に命令すると先を争うように肛門を見せ付けてきます。
丁寧にアヌスの毛は剃り、浣腸も済ませてる様に躾けてあります。

右の奴隷のアナルに指をあてがうと吸い込まれるようにすっぽり。
左のマゾは少し力を入れないと入りません。

「私を煩わせないで」

ロング手袋のまま指をアナルに突っ込み拡張します。
ローションでボンデージがキラキラ光って美しいんです。

埒が明かないので「連結」するように命じました。
ホモでも無いのにチンポをアナルに挿入するように命令したのです。
ハイと返事をして女王様の目の前でホモセックスをするマゾ男達

「はい。ご褒美よ。種付けしてあげなさい」 ペニバンをタチのアナルに挿入。
男の肛門にチンポを突っ込みながら自分のアナルにペニスバンドを突っ込まれる格好です。

ひぃひぃと汚らわしく叫びながら男のケツに射精してしまった奴隷君。
連結セックスなんて本当に幸せなんじゃないでしょうか。
拡張の足りなかった左の奴隷もアナル中出しされてうれしそうでした。

多頭飼いされたいM男性はなかなかいません。
我こそはというマゾに効率的に出会う為にはやっぱりネットの力を借りるのが一番です。

シンシア(29)

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[オスブタ箱]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る