尿道ブジーが私のペニスに突き刺さる!! | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > 窒息・苦痛・拷問 > 尿道ブジーが私のペニスに突き刺さる!!
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • 新マン

    テスト –

    2019 11/27 12:06 am
  • 旭川市に住んでいます。ドライオーガズムを体験してみたいです –

    2019 08/21 11:17 pm
  • くすぐられるのが好きです! 180cm 73kg 26歳の社会人男性です! カカオ→nanakakamumuraです。 緊張しいなので仲良くなってから出会いたいです(^-^) –

    2019 08/20 4:49 pm
  • せき

    アナルセックスしたいな。初心者だから既に開発済みの女の子がいいかも。ケツ穴で精子搾り取って欲しい。 22歳 大学生 –

    2019 07/14 1:42 am
  • ゆうき

    兵庫県24歳 SMプレイ友達を探してます。 こちら容姿は整っております、ただドMなのでSな女性と、軽くプレイが出来るような関係を望んでいます。主従関係より、会ってお話ししたり、虐められたいです。 よければ連絡下さい。 カカオ yu0600 –

    2019 06/08 2:06 am
  • ひろ

    北海道住み、男163-55-41公務員。ペット兼便器になってくれる30代以下の女性、NH、完女さんを探しています。まずは気楽にメールから始めませんか?気が合いそうなら1度ホテルでプレイして、私を主人としていいと思ったらぜひ私の物になって下さい。 –

    2019 05/28 2:28 pm

縛 遼太郎入門

黒ギャル、白ギャルに責められたい

黒ギャルにイジメられたり、白ギャルにやさしいのにイジメられたりしたい。ド変態Mはここ!

使ってみる

尿道ブジーが私のペニスに突き刺さる!!

尿道ブジーによる尿道責め

お久しぶりです。
今のマイブームはチンポの余り皮で固結びに挑戦する事です。

私は遊んでいただくS女性が数人いるのですが、皆さんチンポをいじめるのが好きな方ばかりです。
こんな世界でも需要と供給があるのでチンポをいじめたい女性とペニス拷問を受けたい男は自然と引かれあうのです。
分かり易く言えばスタンド使いの様なものです。

昨日は尿道責めをされたのでまだおペニスの奥の方がじんじん痛みますね。
この痛みが医療プレイを思い出して胸がキュンキュンくるんですよね。

沙織様は元々プロの女王様をやっていて医療知識のあるお方です。
こんな人にSM出会いサイトで出会えるなんて私も運が良いと思います。

足を開いて座るように命令されます。
いきなりヒールで足蹴にされてしまいます。
体重が乗るとペニスがひしゃげてもげそうです。

沙織様はご自分の尿道ブジーのセットを持ってらっしゃいます。
滅菌した手袋とグッズで私のおしっこ穴拷問が始まりました。

「ちんぽ穴に入ってくよ?ちゃんと見なさい。」 ローションとチンポ汁を潤滑剤として私の尿道が犯されていきます。
はぁはぁこの尿道が破れそうな感覚がこそばゆくて気持ちよいのです。

時折ペニスの余り皮の間にブジーを走らせ、もってかれそうな快感にも耐えなければなりません。
包茎ならではのチンポいじめの方法にぐっと来ます。
そして太目のブジーがまた尿道に刺さります。

穴に何かを入れられたいという倒錯感を味わいたい。
そんな犯され願望が抑えられない私はどこまで変態になってしまうのか?

「前立腺あたってるよね?」 尿道ブジーが15センチほど入りましたでしょうか。
目が開けられないくらいの快感が襲って来ました。
ちんぽの奥あたり、前立腺がひくついてとまりません。

「あぁあぁぁぁぁぁああぁぁあ」

数分感気を失ったようです。
人体の神秘に触れたような気持ち、そしてSMと言う遊びのすごさ。
そしてなによりこの快感を経験させてくれた恐るべき沙織様の尿道責めテクニック。

私は感謝の意を土下座であらわしました。

カントンではありませんでした(29)

縛遼太郎が出会った女性

おしっこを溢さず飲み干せる犬

おしっこを溢さず飲み干せる犬
時雨
S女性
埼玉県
25歳
飲尿

ビタミンを含んだ私のおしっこは栄養満点よ。溢さずに全部飲み干せる雄犬のみメールしてきて。

私のおしっこ姿を見て

私のおしっこ姿を見て
元女帝つかさ
S女性
群馬県
37歳
アナル

元SM風俗で働いてました。お尻の穴開発は私の右に出る者はいないと確信してます。拡張したいなと思っているマゾ、拡張済みのマゾも気軽に連絡してきなさい。

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[おしめり遊戯]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

TOPに戻るTOPに戻る