転落の人生の末、ご主人様にめぐり合いました | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > 複数・乱交・多頭飼い > 転落の人生の末、ご主人様にめぐり合いました
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • ようすけ

    関西で金蹴り、玉責めに興味ある女性のかた、楽しくプレイしませんか。 –

    2018 09/13 7:41 pm
  • 人志

    女性が気持ち良い姿を見たい。 –

    2018 08/16 6:38 am
  • 人志

    女性の気持ち良く成る姿を見て見たい。 –

    2018 08/16 6:36 am
  • ルトラキ

    貴女の心の中にあるM性を自覚したのはいつですか? それはどんな事がきっかけだったのでしょう? 最初はメールをやり取りする中で、お互いの人柄や考え方などをゆっくりと時間を掛けて 理解しあえればって思っています。 そしていつか自然にお互いに「逢ってみたい」という気持ちが生まれる・・・そんな出会い が理想です(^-^)。 相手にどんな事をしたいか、どんなジャンルの調教が好きか等という性的や肉体だけの 「単なるプレイの関係」というものではなく「お互いを尊重し、心から信頼しあった絆」 を築ける方を希望しています。 興味がある事などを色々試していく中で、貴女の心に秘められている嗜好を二人で発見 しながら一緒に歩んで行きませんか?。 僕の嗜好を少しお話しすると、緊縛・言葉責め・羞恥、そして羞恥心を更に煽るための ソフトな露出などです。 苦痛を伴う事やスカトロ等は好みではありません。 ハードな調教や体験をされてきた方とは、おそらくお話が合わないと思います。 心の中に芽生えたM性を確かめてみたい方、僕に対して興味を持って頂けた方も、 少し勇気を出してメールを頂けませんか。 心よりお待ちしております。 メールアドレス:loutraki_moon@yahoo.co.jp –

    2018 07/12 11:42 pm
  • 本気のイラマチオを受け入れてくれる人いませんか? 死なない程度に –

    2018 05/30 6:14 pm
  • ゆう

    大阪からです。 金蹴りに興味がある女性とメールしてみたいです。 よろしくお願いします(^o^) –

    2018 04/03 12:35 pm

縛 遼太郎入門

アナルホルオレホルアナル

アナルじゃないと満足できない?…重症ですね。こちらへどうぞ

使ってみる

転落の人生の末、ご主人様にめぐり合いました

二穴責め

一度は結婚して今したが、私の不倫が原因で離婚。
親権も取られ小額でしたが慰謝料の支払いもあり無一文になりました。

両親とも死別し頼るべきものが無い私がSMにはまっていったのはその頃からです。
ご主人様に調教されている時、私は生を実感するのです。
人に求められるというのはこんなにも快感だったのですね。

SM出会いサイトには魅力的な男性がたくさんいました。
そこで出会った1人の男性が本格的な経験が無い私もやさしく受け入れてくれたんです。

三つ指を突いて挨拶をし調教がはじまります。
挨拶ができないと何度も繰り返しやらされます。
お仕置きにスパンキングされることもあります。

そして私の一番好きなアナルをいじめてくれるのです。
アナルバイブや異物挿入。
私のアナルは拡張されていきました。

季節を二つほどまたいだ頃、ご主人様ともう1人の男性がいらっしゃいました。
私は驚きましたがご主人様の命令は絶対
私は二人の男性の弄ばれました。

上の口はイラマチオ。
下の口はバイブ責め。
何度も何度も快感の波が押し寄せ私はもうろうとしました。

そしてこう言うようにいわれました。
「お尻とオマンコ同時にください。。」

もちろんアナルセックスは経験済みでしたが、二穴責めは未経験でした。
しかも二本とも本物のペニスだなんて。。

私の中で2本のおチンポ様が激しくうごめいています。
薄い腸壁を隔てて亀頭同士が摩擦していることすら分かりました。

2本のチンポで攻められる快感はこの世のものとは思えぬほどです。
もう普通のセックスでは感じないのではないか?とさえ思います。

調教後聞いたのですが私の体は今後、貸し出し性奴隷として調教されていくのだそうです。
SMコミュニティサイトで貸し出し先は探すそうです。
私にこんな快楽を与えてくれたご主人様とSMには感謝しています。
今後も私は性奴隷として生きていくのでしょう。

性奴隷Y(32)

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[おしめり遊戯]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る