大量の牛乳浣腸で彼女の直腸をパンパンにさせてみた結果… | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > スカトロ > 大量の牛乳浣腸で彼女の直腸をパンパンにさせてみた結果…
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • うた

    初心者のMですがドS様に支配されたいです。メール、リアル、 男女ともにどちらでもかまわないので僕を調教お願いします!ライン numata56よろしくお願いします。 –

    2017 06/05 1:18 pm
  • たろう

    あげ –

    2017 03/29 10:39 pm
  • たろう

    よろしくお願いします!! –

    2017 03/19 5:58 pm
  • たろう

    よろしくお願いします!! –

    2017 03/19 5:13 pm
  • たろう

    25歳、東大阪住みです、 年上でも、年下でもかまいません! 171㎝62㎏長友ににてるといわれたことおります! –

    2017 03/19 4:58 pm
  • たろう

    まったくの初心者です。 ソフトなMなのでいろいろ教えてくれる飼い主さん探してます?! –

    2017 03/19 4:55 pm

縛 遼太郎入門

ソフトからハードまでオールジャンル対応

スマホですっとSM探し、スーツの胸ポケットから取り出すと更にかっこいい。でも、探すのはM女のアナタ

使ってみる

大量の牛乳浣腸で彼女の直腸をパンパンにさせてみた結果…

sm出会い 浣腸プレイ スカトロプレイ 牛乳浣腸

牛乳浣腸 、皆さんは経験ありますか?

グリセリン溶液だとかのいわゆる浣腸液を使うんじゃなく、牛乳をアナルから直腸内に流し込んで浣腸をするっていうアレです。SM系のAVとかだとたま~にされてますよね。

僕もAVで初めて見て衝撃を受けたってクチで。
物は試しとばかりに早速自分の彼女に試してみる事にしました。

僕の彼女は自分でも認めるマゾ性癖の持ち主で、見た目はまぁまぁ可愛いくせにちょっと変人なところもある変わった子です。

知り合ったのはマニア系のSMサイト。
まぁ、そんな場所で出会ったんですから変わりものですよね(笑)

好奇心旺盛な彼女は僕の 牛乳浣腸 の誘いも即OK。
実は彼女も前にエロ動画で見ていて興味があったとの事でした。

大量の牛乳と浣腸用シリンダーを持って彼女の家に。
玄関を開けるとすでに彼女は下着姿で待っていてくれました。

まぁいきなり浣腸ってのもムードがないよなぁ~と思っている僕に

「ねぇ、今からすぐするでしょ?」

と、ヤル気マンマンの彼女(笑)
なんなんだこの情熱は…僕はちょっと引いちゃいました。

服を脱いでお風呂場に行き、早速彼女のアナルに牛乳浣腸を注入!
ジュプジュプって音がして何だかヘンな気持ちになってきました。

せっかくだからお湯も溜めようかって言ってバスタブに湯をはります。
その間、彼女は必死になって肛門をギュっと締めてました。
我慢してる女性の顔って何だか興奮しちゃいますね。

お湯もたまったので僕はゆっくりお風呂につかりました。
その間も彼女はウンウン唸りながら我慢しています。

・・・でも、ついにその我慢も限界に・・・

「もうダメっ!!出ちゃうよぉ!!」

そう叫びながら、彼女はお尻をちょっと上に向けて発射しました。
それはそれは見事な牛乳の噴水。
白濁色の綺麗な虹がバスルームにかかりました。

アナルからブシャーッ!と牛乳を噴き出させている彼女。
その姿はもう、ふなっしーの梨汁ブシャーなんて太刀打ち出来ないインパクト(笑)

初めての牛乳浣腸でちょっと放心気味の彼女の肩を引き寄せてキスをすると、まだ残っていた牛乳浣腸がプチュッと可愛い音を立ててアヌスから飛び出してきました。
その音のあまりの可愛さに、思わず僕たち見つめあって笑いました。

こんな楽しいSMプレイを体験できたのも、このサイトのおかげ。
エッチで変態な可愛い彼女が欲しい人は是非使ってみて下さい!!

管理人 縛 遼太郎

縛遼太郎が出会った女性

私のおしっこ姿を見て

私のおしっこ姿を見て
アイリ
M女性
大阪府
29歳
スカトロ

陰毛は剃ってあるのでパイパンで割れ目ははっきり見えます。私のおしっこ姿を見てほしいです。

外でいっぱい辱めてほしいです

外でいっぱい辱めてほしいです
りんな
M女性
千葉県
25歳
露出

エレベーターの中で裸になったり、裸の上に長いコートを着て街中を歩いたりしてみたいです。

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[エクスタシークラブ]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る