玉責めされた金蹴り日記です | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > 窒息・苦痛・拷問 > 玉責めされた金蹴り日記です
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • kei

    ブログURLです。 http://seikantaikaihatsu.blog.fc2.com/ –

    2017 11/25 12:01 am
  • kei

    大分でSMの要素を取り入れた無料のM性感マッサージによるM性開発や性感帯開発を希望される女性を募集しています。 ・M性感マッサージの内容について M性感マッサージとは、SMの要素を取り入れたマッサージです。 これは、アロマオイルを使って五感に刺激を与えることで性感帯開発やM性開発を目的としたマッサージです。 私にたどり着いた多くの女性は、少なからずSMに興味を持つ方が多いです。 しかし、そのことは誰にも言えず悶々とした毎日を過ごされています。 焦らし、強制、拘束、恥じらい... 女性がどのような行為に興奮するのか、人それぞれ違います。 M(マゾ)気質の貴女が、何に興奮するのかを事前に確認し、マッサージによる性感とSMプレイが、より興奮できるように行う性感行為を行います。 M性感マッサージは、こんな女性におすすめです。 ・イッことがない... ・中イキしたい... ・SMに興味はあるけれど経験がないし相手がいない... ・SMの掲示板で嘘ばかりつかれる... ・不感症で悩んでいる... ・性感帯を開発されたい... ・連続絶頂を体験したい... ・ドキドキするような刺激が欲しい... ・M開発して欲しい... ・性癖願望を叶えてみたい... 最後に、貴女が秘めている想いを実現できるように協力します。 秘密は絶対守ります。 M性感マッサージによってM性開発や性感帯開発して性感をアップし気持ちいいセックスライフを望む貴女からのメッセージを待っています。 –

    2017 11/24 11:59 pm
  • うた

    初心者のMですがドS様に支配されたいです。メール、リアル、 男女ともにどちらでもかまわないので僕を調教お願いします!ライン numata56よろしくお願いします。 –

    2017 06/05 1:18 pm
  • たろう

    あげ –

    2017 03/29 10:39 pm
  • たろう

    よろしくお願いします!! –

    2017 03/19 5:58 pm
  • たろう

    よろしくお願いします!! –

    2017 03/19 5:13 pm

縛 遼太郎入門

SMは生き様だ!

どんなふうに生きるか、死ぬか。SMに捧げてもいいだろう!本気でSM調教をして生きていきたい!

使ってみる

玉責めされた金蹴り日記です

金蹴り日記

女性に金玉の所有権を譲渡すれば、当然マゾ男が望むように女性から激しい玉責めを受けることができます。
私の最近の玉責め金蹴り日記を紐解けば、一般人なら驚愕ドン引き間違い無しのさまざまな拷問百景を拝むことができるでしょう。

実際のところ、SMに特化した出会いサイトにはマゾ男の陰茎や金玉をボコボコにして遊びたいと考えている鬼のような女性が多く居たりするものです。
だからこのてのサイトで何度もいろんな女王様と出会ってきた私は、先日も一人の女王様から放たれる強烈な脚蹴りを股の間で受け止めました。

女王様が全力で放ったキックをペニスと睾丸でもろに受け止めた私は、目の前がブラックアウトとホワイトアウトを何度も繰り返して意識を失いそうなほどの痛みを感じて、同時に猛烈な快楽をも感じました。

「あぐ!?あぁああああ…!!」

「直撃したけど大丈夫?気持ちいい?」

大丈夫かと聞いて気持ち良いかどうか聞いてくる女王様は狂っていると思いますが、実際金蹴りされると信じられないくらい快楽が全身を駆け巡るのだから驚きです。
一度味わうと普通の射精とは比べ物にならないくらい気持ちよくてやみつきになる金蹴り調教は、少しでも興味があればぜひ一度はSMサイトの女王様と楽しんでみてほしいと思います。

タグ:

縛遼太郎が出会った女性

体臭ちょっとありだけど・・

体臭ちょっとありだけど・・
Naho
S女性
大阪府
41歳
舐め犬

頭から足先まで丁寧に舐め奉仕できる舐め犬を1人募集します。従順な子きてね。

旦那とはセックスレスです

旦那とはセックスレスです
キミコ
S女性
神奈川県
35歳
拘束

手錠とかして動きを封じていろんな調教をしたい。

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[変態人妻NET]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る