窒息SM至高すぎる… | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > 窒息・苦痛・拷問 > 窒息SM至高すぎる…
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • kei

    ブログURLです。 http://seikantaikaihatsu.blog.fc2.com/ –

    2017 11/25 12:01 am
  • kei

    大分でSMの要素を取り入れた無料のM性感マッサージによるM性開発や性感帯開発を希望される女性を募集しています。 ・M性感マッサージの内容について M性感マッサージとは、SMの要素を取り入れたマッサージです。 これは、アロマオイルを使って五感に刺激を与えることで性感帯開発やM性開発を目的としたマッサージです。 私にたどり着いた多くの女性は、少なからずSMに興味を持つ方が多いです。 しかし、そのことは誰にも言えず悶々とした毎日を過ごされています。 焦らし、強制、拘束、恥じらい... 女性がどのような行為に興奮するのか、人それぞれ違います。 M(マゾ)気質の貴女が、何に興奮するのかを事前に確認し、マッサージによる性感とSMプレイが、より興奮できるように行う性感行為を行います。 M性感マッサージは、こんな女性におすすめです。 ・イッことがない... ・中イキしたい... ・SMに興味はあるけれど経験がないし相手がいない... ・SMの掲示板で嘘ばかりつかれる... ・不感症で悩んでいる... ・性感帯を開発されたい... ・連続絶頂を体験したい... ・ドキドキするような刺激が欲しい... ・M開発して欲しい... ・性癖願望を叶えてみたい... 最後に、貴女が秘めている想いを実現できるように協力します。 秘密は絶対守ります。 M性感マッサージによってM性開発や性感帯開発して性感をアップし気持ちいいセックスライフを望む貴女からのメッセージを待っています。 –

    2017 11/24 11:59 pm
  • うた

    初心者のMですがドS様に支配されたいです。メール、リアル、 男女ともにどちらでもかまわないので僕を調教お願いします!ライン numata56よろしくお願いします。 –

    2017 06/05 1:18 pm
  • たろう

    あげ –

    2017 03/29 10:39 pm
  • たろう

    よろしくお願いします!! –

    2017 03/19 5:58 pm
  • たろう

    よろしくお願いします!! –

    2017 03/19 5:13 pm

縛 遼太郎入門

あなたのフェチが発揮できる場所

自分のマニアックなフェチをさらけ出せ!足フェチ、唾液フェチ、メガネフェチ……どんなフェチ?

使ってみる

窒息SM至高すぎる…

窒息SM

女の人に蹴られたい、殴られたいと思ってしまうマゾな私は最近、ついにひとつの真理を悟ってしまいました。
その真理とは、マゾ男にとっては女性に首絞めされて窒息SMを体験するのがなにより至高の快楽であるということです。

首絞め調教やスパンキング調教を好む過激な女王様ならSMに特化した出会いサイトでなら見つけることが可能です。
私は実際にそのての女王様から首絞めされて窒息SM調教をこの間も味わいましたが、やはりこのプレイは刺激的かつ至高です。

もともと女性に痛めつけられ虐待されることで勃起してしまうような変態性癖を持つ私の場合、気絶してしまうくらいに首絞めされながらアナルファックされたりすると信じられないくらいの快楽が味わえました。

「こうやって拷問受けても気持ちいいの!?変態なの!?」

「んん…!!ん…!!」

声を一切出せないまま私は女王様に窒息寸前まで首絞めされて、いつのまにかノータッチ射精していました。

やはり私みたいなマゾの素質ある男はどんな苦痛でも女性から愛を持って受けるとすごい快楽を感じてしまうようです。
私と同じようにマゾ男ゆえに被虐への欲求が抑えきれない男性は、素直に鬼畜系女王様と出会って調教されてみてください。

Mギブソン(原理主義者)

縛遼太郎が出会った女性

体臭ちょっとありだけど・・

体臭ちょっとありだけど・・
Naho
S女性
大阪府
41歳
舐め犬

頭から足先まで丁寧に舐め奉仕できる舐め犬を1人募集します。従順な子きてね。

旦那とはセックスレスです

旦那とはセックスレスです
キミコ
S女性
神奈川県
35歳
拘束

手錠とかして動きを封じていろんな調教をしたい。

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[牝豚カタログ]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る