尿道ブジーで強烈アクメ | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > 窒息・苦痛・拷問 > 尿道ブジーで強烈アクメ
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • ようすけ

    関西で金蹴り、玉責めに興味ある女性のかた、楽しくプレイしませんか。 –

    2018 09/13 7:41 pm
  • 人志

    女性が気持ち良い姿を見たい。 –

    2018 08/16 6:38 am
  • 人志

    女性の気持ち良く成る姿を見て見たい。 –

    2018 08/16 6:36 am
  • ルトラキ

    貴女の心の中にあるM性を自覚したのはいつですか? それはどんな事がきっかけだったのでしょう? 最初はメールをやり取りする中で、お互いの人柄や考え方などをゆっくりと時間を掛けて 理解しあえればって思っています。 そしていつか自然にお互いに「逢ってみたい」という気持ちが生まれる・・・そんな出会い が理想です(^-^)。 相手にどんな事をしたいか、どんなジャンルの調教が好きか等という性的や肉体だけの 「単なるプレイの関係」というものではなく「お互いを尊重し、心から信頼しあった絆」 を築ける方を希望しています。 興味がある事などを色々試していく中で、貴女の心に秘められている嗜好を二人で発見 しながら一緒に歩んで行きませんか?。 僕の嗜好を少しお話しすると、緊縛・言葉責め・羞恥、そして羞恥心を更に煽るための ソフトな露出などです。 苦痛を伴う事やスカトロ等は好みではありません。 ハードな調教や体験をされてきた方とは、おそらくお話が合わないと思います。 心の中に芽生えたM性を確かめてみたい方、僕に対して興味を持って頂けた方も、 少し勇気を出してメールを頂けませんか。 心よりお待ちしております。 メールアドレス:loutraki_moon@yahoo.co.jp –

    2018 07/12 11:42 pm
  • 本気のイラマチオを受け入れてくれる人いませんか? 死なない程度に –

    2018 05/30 6:14 pm
  • ゆう

    大阪からです。 金蹴りに興味がある女性とメールしてみたいです。 よろしくお願いします(^o^) –

    2018 04/03 12:35 pm

縛 遼太郎入門

SMは生き様だ!

どんなふうに生きるか、死ぬか。SMに捧げてもいいだろう!本気でSM調教をして生きていきたい!

使ってみる

尿道ブジーで強烈アクメ

尿道ブジー

すいません私は尿道を拡張されるためだけに生まれてきた人間です。
そういった事実を私は先日大好きな女王様から突きつけられ、お蔭様で私の尿道はもはやガバガバです。

SM系サイトの女王様は男の尿道を拡張することに長けているのです。
だから私がサイトで出会った女王様に尿道ブジーで責められて、ペニスを改造されるのは運命だったのです。

女王様は私のみすぼらしいペニスを何度も拳で殴りつけたあとでおもむろに尿道ブジーを取り出しました。
鈍く光る明らかに金属の塊であるその医療器具を、私の敏感なペニスの内部奥深くに突きたてられた時は気を失いそうになりました。

「ほら精液が通るところにズブズブ入っていくわよ!」

「んん…!ううぅ…!ううう…!!」

最初は絶対に痛いだろうと思っていたその仕打ちが、尿道にあるであろう性感帯を刺激して、まるで長時間射精しているかのような感覚を与えてくれた時、私は驚愕しました。
結果的に私は意味不明な声を上げながらただただたっぷりと精液を発射することになり、私は長い時間尿道ブジーで犯されて精液搾取され続けました。

このような普通の男性ではまず未知の体験であろう変態的な尿道拡張調教を受けられたことは私にとってとても幸運なことでありました。
尿道ブジーでペニスを犯され尿道拡張される快感は女王様の調教で味わうことができると思いますので、もっと多くの男性に女王様との素敵な出会いがあることを祈ります。

Mギブソン(原理主義者)

縛遼太郎が出会った女性

私の体で練習してください

私の体で練習してください
S女性
東京都
29歳
緊縛

最近緊縛にはまっちゃって自由に縛らせてくれる練習台募集よ。緊縛以外のことはしないから痛そうとか気にしなくていいわ。気軽に連絡してね。

体臭ちょっとありだけど・・

体臭ちょっとありだけど・・
Naho
S女性
大阪府
41歳
舐め犬

頭から足先まで丁寧に舐め奉仕できる舐め犬を1人募集します。従順な子きてね。

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[全国奴隷ファイル]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る