乳首に錘を吊られてオマンコを濡らすヤツがどこにおる!!! | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > 人体改造 > 乳首に錘を吊られてオマンコを濡らすヤツがどこにおる!!!
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • ようすけ

    関西で金蹴り、玉責めに興味ある女性のかた、楽しくプレイしませんか。 –

    2018 09/13 7:41 pm
  • 人志

    女性が気持ち良い姿を見たい。 –

    2018 08/16 6:38 am
  • 人志

    女性の気持ち良く成る姿を見て見たい。 –

    2018 08/16 6:36 am
  • ルトラキ

    貴女の心の中にあるM性を自覚したのはいつですか? それはどんな事がきっかけだったのでしょう? 最初はメールをやり取りする中で、お互いの人柄や考え方などをゆっくりと時間を掛けて 理解しあえればって思っています。 そしていつか自然にお互いに「逢ってみたい」という気持ちが生まれる・・・そんな出会い が理想です(^-^)。 相手にどんな事をしたいか、どんなジャンルの調教が好きか等という性的や肉体だけの 「単なるプレイの関係」というものではなく「お互いを尊重し、心から信頼しあった絆」 を築ける方を希望しています。 興味がある事などを色々試していく中で、貴女の心に秘められている嗜好を二人で発見 しながら一緒に歩んで行きませんか?。 僕の嗜好を少しお話しすると、緊縛・言葉責め・羞恥、そして羞恥心を更に煽るための ソフトな露出などです。 苦痛を伴う事やスカトロ等は好みではありません。 ハードな調教や体験をされてきた方とは、おそらくお話が合わないと思います。 心の中に芽生えたM性を確かめてみたい方、僕に対して興味を持って頂けた方も、 少し勇気を出してメールを頂けませんか。 心よりお待ちしております。 メールアドレス:loutraki_moon@yahoo.co.jp –

    2018 07/12 11:42 pm
  • 本気のイラマチオを受け入れてくれる人いませんか? 死なない程度に –

    2018 05/30 6:14 pm
  • ゆう

    大阪からです。 金蹴りに興味がある女性とメールしてみたいです。 よろしくお願いします(^o^) –

    2018 04/03 12:35 pm

縛 遼太郎入門

ご主人様・・犯して下さい

そんなこと目の前でいわれたらどうなりますか?さぁ、野生の勘を目覚めさせなさい。

使ってみる

乳首に錘を吊られてオマンコを濡らすヤツがどこにおる!!!

乳首錘女

人間の欲望はどこまで深く、人体はどこまで変形していくのか。
これは変態S男性ならだれしもが考えうる問いだ。

M女性への支配が進むと精神や肉体を完全に破壊したいという欲が生まれる。
同時に人体改造してでもご主人様の望む形になりたいというマゾの欲も芽生える。

はたから見れば精神異常者だろうが当の本人達はいたってまじめなのである。

ドカッ!!

スパンキングを通り越してもはや殴打だ。
顔を歪ませながらも苦痛に耐えるマゾ女。
内出血がマゾ女のキャンパスを青く染めていく。

乳首に洗濯バサミをつけ先に錘をつける。
乳房が伸びて酷く垂れて変形ししている。

「。。いたぁい。」

ドカカッ!!

痛いなどと普通の感情を持ってはならぬ。
痛みを快楽に昇華させるド変態を育てねばならぬのだ。

錘を増やすとますますおっぱいが変形する。
乳首拷問が1時間ほど続いたときだろうか。

ふとパイパンマンコにあけたピアスをふと見ると、愛液が滴っているではないか。
むむむ。
この女、掴み始めているようだ。
ブスでマゾでどうしようもない変態の私はこんな事でしか快楽を得る資格がないということを。。

ここまで堕とせば、あとは変態マゾ奴隷へ加速していくのみだ。
SM出会いサイトで出会った変態女子大生がいまや、すくい様もない変態になってしまったのだ。
助けてやれるのは私しかいないであろう。

馬岱(42歳)

縛遼太郎が出会った女性

外でいっぱい辱めてほしいです

外でいっぱい辱めてほしいです
りんな
M女性
千葉県
25歳
露出

エレベーターの中で裸になったり、裸の上に長いコートを着て街中を歩いたりしてみたいです。

旦那とはセックスレスです

旦那とはセックスレスです
洋子
M女性
埼玉県
45歳
野外

旦那は海外出張で帰ってきません。野外でえっちをしてみたいなと願望があるのでして頂ける方がいいです。

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[スカトロマニア]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る