ちんちんリボンで「ハッピーホワイトデー」 | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > フェチ > ちんちんリボンで「ハッピーホワイトデー」
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • 人志

    女性が気持ち良い姿を見たい。 –

    2018 08/16 6:38 am
  • 人志

    女性の気持ち良く成る姿を見て見たい。 –

    2018 08/16 6:36 am
  • ルトラキ

    貴女の心の中にあるM性を自覚したのはいつですか? それはどんな事がきっかけだったのでしょう? 最初はメールをやり取りする中で、お互いの人柄や考え方などをゆっくりと時間を掛けて 理解しあえればって思っています。 そしていつか自然にお互いに「逢ってみたい」という気持ちが生まれる・・・そんな出会い が理想です(^-^)。 相手にどんな事をしたいか、どんなジャンルの調教が好きか等という性的や肉体だけの 「単なるプレイの関係」というものではなく「お互いを尊重し、心から信頼しあった絆」 を築ける方を希望しています。 興味がある事などを色々試していく中で、貴女の心に秘められている嗜好を二人で発見 しながら一緒に歩んで行きませんか?。 僕の嗜好を少しお話しすると、緊縛・言葉責め・羞恥、そして羞恥心を更に煽るための ソフトな露出などです。 苦痛を伴う事やスカトロ等は好みではありません。 ハードな調教や体験をされてきた方とは、おそらくお話が合わないと思います。 心の中に芽生えたM性を確かめてみたい方、僕に対して興味を持って頂けた方も、 少し勇気を出してメールを頂けませんか。 心よりお待ちしております。 メールアドレス:loutraki_moon@yahoo.co.jp –

    2018 07/12 11:42 pm
  • 本気のイラマチオを受け入れてくれる人いませんか? 死なない程度に –

    2018 05/30 6:14 pm
  • ゆう

    大阪からです。 金蹴りに興味がある女性とメールしてみたいです。 よろしくお願いします(^o^) –

    2018 04/03 12:35 pm
  • kei

    ブログURLです。 http://seikantaikaihatsu.blog.fc2.com/ –

    2017 11/25 12:01 am

縛 遼太郎入門

初心者M男に相性ぴったり♪

とりあえずSMを始めてみたい方にはぴったりのサイトです。少なくとも絶対SMに関わりたくない人にとっては最悪のサイトです。

使ってみる

ちんちんリボンで「ハッピーホワイトデー」

股間にリボンを付けて「ハッピーホワイトデー」

明後日はとうとうホワイトデー、男が女にお返しをする日ですね。
バレンタインの日にお気に入りの愛奴から手作りチョコレートを貰って、目の前で踏みつけてそれを食べさせた僕ですが、今回も人手間加えてお返ししました。
エレガントに装飾されたちんちんリボン「ハッピーホワイトデー」と言いながらナース服姿で正座して待っている愛奴の目の前に降り立ちました。

僕はナース服フェチなのでいつも着させています。
ほっぺをペシペシ、リボン付きのちんこでビンタすると何とも嬉しそうな顔で見上げてきました。

「欲しいのか?」
「ご主人様のおちんぽ欲しいです。」

ただ舐めさすのは面白くないので、チョコソースをちんこに垂らしてそれを舐めさせました。
甘いチョコレートの味と、ほんのり苦い我慢汁の味がミックスしてとても美味しいと言ってくれました。

ちんこだけじゃチョコソースが余ったので愛奴の体に淫乱女、ビッチおまんこ、人間便器、ちょっと画数が多くて大変でしたが綺麗に書けたと思います。
そしてチョコソースを舐める、舐める、舐めまくる!人肌に温まったチョコレートソースはまろやかにとろけてとても美味かったです。

おまんこにもチョコを垂らしてまん汁と甘いチョコが混ざって、まるで人間界の革命が起きた感じです。
明後日の本番、どれだけのチョコの量がセックス目的で使われるのかとても気になります。

縛遼太郎が出会った女性

私の体で練習してください

私の体で練習してください
ハルカ
M女性
神奈川県
22歳
緊縛

縛られることに性的興奮を覚えます。宜しくお願いします。

どんな痛みでも耐えます!

どんな痛みでも耐えます!
真性マゾ葵
M女性
東京都
19歳
性器改造

クリトリスにピアスをあけてほしいです。痛みには強い方だと思うので遠慮はしないでください。

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[痴女マニア]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る