この身ゼンタイフェチに捧げます | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > フェチ > この身ゼンタイフェチに捧げます
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • 変態女子高校生

    大阪住みの女子高校生です 縛られたり大人の玩具でいじめられたりされたいです。 言葉責めや、寸止めなどSMプレイがしてみたいです。 –

    2024 01/15 3:32 pm
  • 変態女子高校生

    大阪住みの女子高校生です 縛られたり大人の玩具でいじめられたりされたいです 言葉責めや、寸止めなどSMプレイがしてみたいです。 –

    2024 01/15 3:31 pm
  • 変態女子高校生

    女子高生の大阪住みです 縛られたり大人の玩具でいじめられたりされたいです 言葉責めや、寸止めなどSMプレイがしてみたいです。 –

    2024 01/15 3:31 pm
  • 変態女子高生

    女子高生の大阪住みです 縛られたり大人の玩具でいじめられたりされたいです 言葉責めや、寸止めなどSMプレイがしてみたいです。 –

    2024 01/15 3:30 pm
  • ザクロ

    男に調教したいです。 –

    2024 01/09 7:04 pm
  • ごんべ

    S男(東京住み、50代、既婚者)です。 過去には奴隷はいましたが、今はいません。 未経験の女性を躾けたこともありますよ。 私は、SMとはSとMの考えや気持ちが合ってのものと考えています。 また、SはMを守るのが当たり前と考えています。 それにより、Mも安心してプレイに身を委ねられると考えています。 今までしたことのあるプレイは、 言葉責め、バイブ責め、電マ責め、目隠し、緊縛、羞恥プレイ、首輪、口枷、飲尿、強制オナニー、落書き、イラマチオ、などです。 もちろんのことですが、上記すべてを行うのでなく、 女性が出来るプレイを考えながら、出来るプレイ・出来そうなプレイを行います。 身体を傷つけるプレイは私が出来ません。 ここまで読んだなら、ちょっとだけ勇気を出しなさい。 どちらかに連絡をしなさい。 メール gontyan0622@gmail.com カカオ kenzy06 –

    2024 01/02 11:32 pm

縛 遼太郎入門

あなたのフェチが発揮できる場所

自分のマニアックなフェチをさらけ出せ!足フェチ、唾液フェチ、メガネフェチ……どんなフェチ?

使ってみる

この身ゼンタイフェチに捧げます

ゼンタイフェチ

自分が匂いフェチというのもあって、あらゆるフェチズムに一定の理解があると思っている私。
そんな私は近頃ゼンタイフェチ、いわゆる全身タイツと呼ばれるものに興奮するタイプの女王様と出会いました。

興味深い事にSM系サイトではとてもマニアックな特殊性癖を好む異性と出会いやすくなっているのです。
おかげで今回は私もまったくこれまで知らなかったゼンタイフェチの世界に足を踏み入れることができました。

女王様に命令されて茶色の全身タイツに着替えた私は、同じくゼンタイ姿になった女王様と長い時間抱きついたり愛撫し合ったりしました。
そして最初触れ合った瞬間から分かったのはその独特の柔らかく滑らかな感触のエロさですね。

まるで自分が違う生き物になったかのように、全身に張り付くタイツの感触、同じタイツを着た女性と触れ合う感触が私に新たな性感を教えてくれました。

「この感触、気持ち良いでしょ…?このまま一緒にイキましょう…!」

「うぅ…!ああぁ…ああ…!」

結局私は無我夢中で女王様に誘われるまま全身を愛撫され、全身タイツ姿のまま射精してしまいました。

こんなプレイは本当に初めてでしたが、意外と気持ちよく感動したので今後も女王様にもっと調教してもらおうと思います。
初心者にとっても玄人さんにとっても、女王様とのゼンタイフェチプレイは一度体験してみてもらいたいおすすめのプレイですね。

カントンではありませんでした(29)

縛遼太郎が出会った女性

私のおしっこ姿を見て

私のおしっこ姿を見て
元女帝つかさ
S女性
群馬県
37歳
アナル

元SM風俗で働いてました。お尻の穴開発は私の右に出る者はいないと確信してます。拡張したいなと思っているマゾ、拡張済みのマゾも気軽に連絡してきなさい。

19ですが射精管理に興味あります

19ですが射精管理に興味あります
美琴
S女性
千葉県
19歳
射精管理

中学からエロ本を読んでて射精管理を一回してみたいなと思いました。手コキは中々うまいねと褒められます。宜しくお願いします。

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[ペニクリANGEL]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

TOPに戻るTOPに戻る