熟女 | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > 熟女
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • 旭川市に住んでいます。ドライオーガズムを体験してみたいです –

    2019 08/21 11:17 pm
  • くすぐられるのが好きです! 180cm 73kg 26歳の社会人男性です! カカオ→nanakakamumuraです。 緊張しいなので仲良くなってから出会いたいです(^-^) –

    2019 08/20 4:49 pm
  • せき

    アナルセックスしたいな。初心者だから既に開発済みの女の子がいいかも。ケツ穴で精子搾り取って欲しい。 22歳 大学生 –

    2019 07/14 1:42 am
  • ゆうき

    兵庫県24歳 SMプレイ友達を探してます。 こちら容姿は整っております、ただドMなのでSな女性と、軽くプレイが出来るような関係を望んでいます。主従関係より、会ってお話ししたり、虐められたいです。 よければ連絡下さい。 カカオ yu0600 –

    2019 06/08 2:06 am
  • ひろ

    北海道住み、男163-55-41公務員。ペット兼便器になってくれる30代以下の女性、NH、完女さんを探しています。まずは気楽にメールから始めませんか?気が合いそうなら1度ホテルでプレイして、私を主人としていいと思ったらぜひ私の物になって下さい。 –

    2019 05/28 2:28 pm
  • 私を縛ってくれる男性を探しています。剃髪は、下の毛なら可能です。 –

    2019 03/19 4:39 pm

縛 遼太郎入門

熟女王様からアナルに箸を突き刺されて吼えてるマゾ犬の動画

熟した巨乳女王様に箸でアナルを突かれてよがっているマゾ男を映した動画です。
SM業界の歴史は実はとても長いもので、長年SM調教師、女王様として活動している女性も少なからず居たりするようです。

ここに映っている女王様はまさにそんな経験豊富な玄人女王様のようで、美しいフォルムの体と過激な調教でマゾ男のケツ穴を徹底的に攻めています。
その姿はまさに女王様らしい風格を漂わせていますが、実際彼女が行う調教は常識では考えられないようなものになっています。

通常お箸というのは食事に用いるものなので当然ながら清潔を保たれているものなのですが、この動画に映っている女王様はなんとその綺麗なお箸をマゾ男のケツ穴に挿入しているではありませんか。
それもまず女王様が長い舌を出して唾液を十分塗ったあとに挿入しているあたりがまたハードSM感が出ていて興味深いところですね。

ブリーフを穿いた中年のおっさんが四つん這いの情けない姿のままでアナルを掘られてよがっている姿などは見ているだけで哀しくなるくらいみじめです。
しかしそんなみじめな姿で女王様いじめられている自分を誇らしくさえ思えてこそのマゾ男なので、この動画に映っている男性もさぞ気持ちよくて幸せな気持ちを味わっているのかもしれませんね。

本気のSM調教というものはこういったように普通は考えられないような道具を用いて過激な調教を施すものなのですが、よく訓練されたマゾ男や経験豊富なSM女王様の手にかかれば、そういった調教も特に大きな支障なく楽しめたりするものなのです。
こういった点を理解しているともしこの動画のような調教を受けてみたいと考える場合、自分がこれからどのような行動をとっていけばいいのかが何となく想像つくかもしれませんね。

答えを言ってしまうと本当にこういった映像の中のようなプレイを安全に楽しみたいのであれば、まずは自らハイクオリティなSM調教を受けられる条件を整えていく必要があるでしょう。
特にまず自分と気が合ってしかも調教経験豊富なSM女王様と出会っていく必要があると思います。

最近はマゾな性癖を持っている男性が多く、対してマゾ男に調教を施したいと考えている女性も多いためか、マゾ男性とサド女性が沢山集まるSM専用に出会いサイトなども最近は増えているようです。
なのでそういったサイトを上手く活用して行けば、この動画のように自分の尻穴を捧げて楽しめる過激なアナル拡張、直腸調教プレイなども楽しんでいけるようになるのではないでしょうか。

なおこの動画に出ているAV女優さんはわりと有名な女優さんらしく、その大きな胸やセクシーな風貌を活かして素晴らしいSM調教系エロ動画に多数出演しているようなので注目です。
その素晴らしい風貌のエロい演技と調教に興味が出てきたのであれば、一度彼女が出演している他のSM系動画を探してみても面白いかもしれませんね。

ただ本気でSM調教を愛しているならやはり実際に自分自身で女王様と出会って調教を楽しんでみた方が有意義かもしれませんので、出会い探しは常に並行して楽しんでいくと良いのではないかと思います。

続きを読む

【素人】水着を着た美人熟女の美脚で足コキプレイ動画!

【素人】水着を着た美人熟女の美脚で足コキプレイ動画!

サテン生地で作られているようなテカテカの光沢ある赤色の水着を着た美人な熟女。
自慢の長く白く綺麗な美脚で横になった男のオチンコを足の裏で挟んで足コキプレイ

言葉責めや極上の足コキをされ、次第に男は息があらくなる。
「いいよ。出して。出すところ見せて。」

次第に足コキの動きが早くなっていき、男は熟女の美脚で噴水の様に射精してしまう。

続きを読む

50歳熟女と交尾

50歳熟女と交尾

自分は熟女好きです。
年代的には50歳~60歳までの年齢の方がすきですね。

自分は20代で中々そういう女性と出会える場所がないので困りものです。
ナンパしようにも年齢差で相手を警戒させてしまいますからね。

続きを読む

熟女フェチのおれが半年かけて出会った体験談

熟女フェチのおれが半年かけて出会った体験談

ここだから言えることなんすけど、熟女が死ぬほど大好きな熟女フェチなんだ!
街とか電車とかデパートとかで大人の色気むんむんの女の人を見たら、ずっと目で追ってしまうくらい好きなんだ。

今年で32になるんだけど、今まで数えれるくらいしか彼女ができたことがない。
やっぱり年が近いとか、同い年くらいは駄目で、やっぱり40、50の大人の人が好きだ。

続きを読む

露出狂のばあさんを車で連れまわす

露出狂のばあさんを車で連れまわす

俺が25歳のころかな、夜に無性にエッチしたくなった時があったんだ。
ソープはもうとっくに締まってるし、んで色々とネットサーフィンしてたら何か面白そうなサイトがあったんだ。
それは今でも鮮明に覚えてる、SM系の出会いサイトだったんだ。

あとはここならみんなエッチ前提で登録してるから、運良かったらすぐ会えるだろうと踏んで登録したんだ。
野外とか露出とか軽めなプレイから、蝋燭とかアナルとかハード系なプレイを募集してる女がたくさんいた。

「裸のわたしをいまから車で連れまわしてくれませんか?」 続きを読む

母娘を同時に調教するなんて考えられますか?

親子どんぶり 「娘も調教してやってください。。」

こんなことを言われたら貴方はどうしますか?
元々母親の方が私のパートナーでした。
熟女の体を何度ももてあそんだものです。

母子家庭と言うのは聞いていて、そのストレスもあってSMにのめりこんで行ったのでしょう。
今では変態調教無しでは生きられない体。

娘もそんな体にしてあげたいと思うのは母親の愛情なのでしょうね。

続きを読む

着衣緊縛といえば熟女ってイメージありませんか?

熟女を着衣緊縛

私が着衣緊縛が好きなのは皆さん周知のとおりです。
普段着と言う現実と緊縛と言う非現実の狭間を行く。
なんとも言えない興奮がありますよね。
着衣緊縛に限らず、SMとは実生活の延長線上にはみ出たモノなのかも知れません。

服のまま拘束したいなと思ったら私は熟女のSMパートナーを呼びます。
私の中でなぜかこのプレイは熟女と紐づけられていて、シチュエーションがばっちりなんですよね。
SMにおける食い合わせみたいな話だと思うんですがね。
「ぽっちゃり女性は赤い縄で縛りたい」みたいなのありませんか?

続きを読む

強烈な体臭を放つ熟女の体験を話す

熟女の体を緊縛して

女の魅力のピークは10代20代と言うやつがいる。
俺から言わせればそんな女はしょんべん臭いガキ。
女は40代がピークだ。30代も悪くないがまだまだ青い。

熟した体からは芳醇な色香が立ち込める。
実際に熟女の体臭は格別。
「納豆」や「くさや」を愛する大和民族ならその魅力に気付くはずだ。

そしてなんと言っても熟女はSMパートナーに最適だ。

続きを読む

M女性と蝋燭プレイする前に気をつけたい事

熟女に蝋燭デコレーションを施す

色んなSMプレイを色んなM女性と経験してきた私です。
SMのために大仰な用意をするのは面倒だ。
という声を良く聞きます。

たしかに面倒ですが、面倒であるからこそ後のプレイが生きてくるのではないでしょうか。
達成感とは高い山を越えた時にこそ感じるものでしょう?ねぇそうでしょう?

だからセッティングからSMは始まっているんだと言えるわけです。

続きを読む

熟女ならではの老獪なアナル責めとフェラチオ

熟女のアナル責めとフェラチオ

タレントやお笑い芸人などで熟女好きを公言するものも多い。
ピース綾部、オードリー春日、ロバート秋山、キャイーンウドちゃん。
俺も熟女が好きなので超共感する。

若い子は自分の裸の価値を知っているのでセックスを駆け引きの道具にしたりするよな。
しかし熟女は違う。
自分の体が衰えた時はじめてセックスのテクニックを磨き始める。
本当の意味でのエロスを身につけ始めるのだ。

こんなことを力説する俺も昔から好きだったわけではなくてある事件がきっかけだった。

続きを読む
1 / 212
TOPに戻るTOPに戻る