スパンキング | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > スパンキング
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • 私を縛ってくれる男性を探しています。剃髪は、下の毛なら可能です。 –

    2019 03/19 4:39 pm
  • こーいち

    医療プレイを受けたい女性患者さんを募集しています。 安全で清潔で痛くないプレイをしており豊富な経験があり、優しく厳しくプレイをすすめられます。 なかなか一歩踏み出せないかもしれませんが、お返事いたたければ、まずはいろいろお話しからさせていただきます。 どうぞよろしくお願いします。 –

    2019 01/08 12:53 am
  • ジュン

    しゅんさん深夜に失礼します。 歴20年ほどでM娘を愛玩犬として愛でつつ調教するのを好みまいす。また、長身好きなので目に留まりレスした次第。 176cm/78kgダイエット始めました。住みは都区内の新宿線沿線で、バツありますが独身で1人暮らししてます。性格については、調教は厳しいが日頃は温厚で優しく甘やかせ上手と言われます。雰囲気の分かる写メ送れます。 お手やお代わりなど躾けますので発表会で披露したり、全裸つけた首輪のリードを牽かれ屋内外でお散歩しませんか。ご奉仕も一生懸命していただきたい。何事も、上手くできればご褒美を、失敗したらエッチに虐めちゃいます!過去の調教写真など送れます。 お相手がまだ決まってない様でしたら、詳細をカカオかメールで話しませんか? カカオ゛ junjun313895 メール mj.sm.mail@gmail.com –

    2019 01/04 3:47 am
  • 真優美

    書き込み最後まで読んで下さいね(^-^) 私を雌奴隷として調教していただけるSな女装様、Sな殿方様を探しています。 私は大阪住みのパイパンドMな完女ですm(_ _)m 好きな事は拘束具や縄で拘束される事 変態な格好で首輪を装着させられてリードで野外強制散歩など 羞恥調教に興奮する変態女装です。私を変態奴隷として堕としていただきたいです。もちろんご奉仕は必ずさせていただきます。 私は175/80/32でナチュラルな感じで派手ではないです。 NGは服や髪が汚れたり汚物が付いたりする事、出血を伴うような身体に傷が付くような事です。 プロフ、写真ある方のみ返信しますm(_ _)m 一言だけとか意味不明なメッセージは無視させていただきます。 よろしくお願いしますm(__)m メール:mayumi.nakamura1985@gmail.com カカオ:mayumi1985 –

    2018 11/15 11:00 pm
  • ようすけ

    関西で金蹴り、玉責めに興味ある女性のかた、楽しくプレイしませんか。 –

    2018 09/13 7:41 pm
  • 人志

    女性の気持ち良く成る姿を見て見たい。 –

    2018 08/16 6:36 am

縛 遼太郎入門

スパンキングもいろいろあってどれも楽しい

スパンキングとは平手や棒状の物などでお尻を叩くことです。
体罰、お仕置きとしてする場合と性的嗜好でする場合と2パターンあります。
行為自体は同じですが、解釈が違うので、それぞれは別物と考え、同じ嗜好の人同士でスパンキングします。

体罰、お仕置きとしてするスパンキングはディシプリンスパンキング、性的嗜好でするスパンキングはラブスパンキングと言います。

どちらのスパンキングでも、人によって使う道具や好きな道具が違います。
鞭を使うからと言ってラブスパンキングではないということはありません。

叩くものでも名称が変わりますが、スパンキングが総称となっています。
厳密には違いますが、他に当てはまる言葉はありません。
平手はスマッキング、鞭はウィッピング、パドルはパドリング、スリッパはスリッパリングなどです。
特に名称のついてないもので叩くこともあります。

基本的にはお尻が赤くなる程度でひどい怪我をさせないように叩きます。
ですが、ハードなのが好みの人は傷ついて流血するほど激しいスパンキングをする人もいます。

お尻を叩くのは他の部位よりも怪我をしにくい、しても治りやすいなどの事情があります。
他の部位を叩きたい場合はパートナーとよく話合いましょう。
道具によってはかなり酷い痣になることもあります。

スパンキングをする姿勢も名称があります。
膝の上に乗せて叩くのはOTK、腰を折ってお尻を突き出すのはベントオーバー、脇に抱きかかえる、抱え込みというのがよくあるスタイルです。
これらも好みによりけりで、どれも好きな人もいれば、一つのスタイルにこだわる人もいます。

特にディシプリンスパンキングが好きな人はシチュエーションにもこだわります。
自分と相手の役割、関係性、どうしてお仕置きをするのかなどを考えてそれに沿ってスパンキングします。

ラブスパンキングが好きな人はセックスの延長で行うことが多いので、前戯や最中におこないます。
特にシチュエーションなどは無いことが多いです。

人それぞれで楽しむものなので、どのスパンキングでもお互いが楽しめたらそれでいいです。

仕事ができない巨乳秘書にスパンキング

仕事ができない巨乳秘書にスパンキング

仕事がとろくて中々仕事が進まない秘書に嫌気がさして、お仕置きとしてお尻ぺんぺん
s男性の方であればまさに夢のような光景。

今回動画に登場する女性も、何をやらせても仕事が遅く、社長は嫌気がさしていた。

「こんなに容量が悪い女だったとは・・」 続きを読む

[外人]金髪白人の痴女二人にSM調教されるドM男

[外人]金髪白人の痴女二人にSM調教されるドM男

鎖で脚を天井に繋がれ、何やら股間に黒い物体を装着させられているシーンからはじまります。
取り付けた後は褐色の肌を持つお姉さんに、ギンギンになっているであろうペニスを扱かれていますね。
そして次は美しい白肌を持つ、金髪お姉さんに鞭でしばかれています。

やはり白人にはペニバンや鞭が似合うと思っているのは私だけでしょうか。

続きを読む

中学の頃から睾丸遊びがすきだった変態男

中学の頃から睾丸遊びがすきだった変態男

僕は中学の頃から自分の睾丸をいたぶるのが大好きな性癖を持ってました。
きっかけは罰ゲームでその時クラスで一番かわいい女の子に、睾丸を蹴られたからなんです。
その時から僕のM心は徐々に覚醒していきました。

中学生の高学年へとなると、保健の授業により、マスターベーションのやり方を教わります。
みんなはしっかり自分の手でしごいたり、床オナニーをする子もいたと思います。
でも僕は、ハリセンによるオナニーを日々繰り返していました。

続きを読む

勃起不全には荒療治が効果的

勃起不全には荒療治が効果的

僕は中学の頃から勃起不全を患ってしまい、セックスというものに全く無縁の生活をしておりました。
友人はエロマンガやエロ動画での話題をしているんですが、僕は射精そのものを経験がないので、話を合わせるしかできません。

けれどもある日、道端に雑誌が落ちていたんです。
それはSM特集が書かれていた、アブノーマル雑誌です。
僕はその時かすかに股間の鼓動を感じました。

「まさか・・」 続きを読む

【SM動画】ボンデージ女王様がM男を乳首針責めで調教!

ボンデージ女王様がM男を乳首針責めで調教!

ボンデージコスチュームにニーハイを履いたガチなSM女王様
M男の体を縄で縛り、鎖で繋ぎ宙吊り状態してから腹部にパンチをいれます。
痛み喚いている男の姿は、駄々をこねる子供のようです。

続きを読む

騙された!まさかのM女美人の秘密知りスパンキング調教

ニューハーフM女をスパンキング調教するS男

あなたはSMサイトで騙されたことはありますか。
わたしはあります。
しかし、悪い意味ではなく、良い意味で騙されたと言えるでしょう。

そのおかげでわたしは長年眠っていた新たな性癖が開花してしまったようです。
それはある1人のかわいい顔立ちの女の子の股間にペニスが生えていたのが原因でした。

続きを読む

SM入門の一歩はスパンキングから

スパンキングされ感じてしまうドM女

SMの入門で個人的にオススメしたいのがスパンキングです。
マゾヒズム精神の女に苦痛を与える行為は多々あるのですが、その中でも簡単かつ魅力的なのがビンタ調教です。

そんなドMな女が日本のSM専門サイトには余るほどいます。
今までで一番印象深かったのは、小学生の頃に性に目覚め、それからオナニーばかりしていたという変態女です。

続きを読む

イク子も吼える浣腸SM

浣腸SM

浣腸を使ったSM調教は素人女を本物のマゾ女に堕とすためにとても便利な方法です。
現にSMサイトには変態マゾの素質を持つ女がとても多く居るため、こういったサイトでM女と出会うとスカトロプレイも楽に楽しめます。

私の場合はこのてのサイトで見つけた経験が少ない素人M女に浣腸SM調教を行うことが何よりも大好きです。
大量の牛乳を浣腸されてカエル腹になった女をスパンキングしたり、クンニリングスしたりして責め続けるのはサディストとしてとても興奮する体験です。

続きを読む

親子丼で調教FUCKしました

親子丼調教

「母娘を同時に調教してもらえませんか?」 なんて書き込みがあった時には随分と驚いたものです。
実際に会ってみると、旦那と随分とご無沙汰な母と娘でした。

淫乱な事を隠して生きている母娘というのもこの世には結構数いるものです。 続きを読む
1 / 41234
Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る