シチュエーションプレイ | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > シチュエーションプレイ
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • やまちゃん

    看護婦長様看護師様に調教されたいです。浣腸、毛剃り、アナル、女装です。 –

    2021 03/20 3:10 pm
  • ごんべ

    みてくれて、ありがとう。 東京住みのS男(既婚者)です。 過去には奴隷はいましたが、今はいません。 未経験の女性を躾けたこともありますよ。 私は、SMとはSとMの考えや気持ちが合ってのものと考えています。 また、SはMを守るのが当たり前と考えています。 それにより、Mも安心してプレイに身を委ねられると考えています。 言葉責め、バイブ責め、電マ責め、目隠し、緊縛、羞恥プレイ、首輪、口枷、飲尿、強制オナニー、落書き、イラマチオ、などです。 もちろんのことですが、上記すべてを行うのでなく、 女性が出来るプレイを考えながら、出来るプレイ・出来そうなプレイを行います。 身体を傷つけるプレイは私が出来ません。 ここまで読んだなら、あとちょっとだけ勇気を出してください。 どちらかで連絡を待ってます。 メール gontyan0622@gmail.com カカオ kenzy06 –

    2021 03/07 12:15 am
  • keisuke

    静岡県内限定!隠れM女へ・・・ 普段は清楚のふりしているくせに 裏では 変態で淫靡な妄想を膨らませている 隠れM女をさがしてます。 恥ずかしくて誰にも話せない事 彼氏や旦那、 友達にも言えない 貴女の妄想や願望を打ち明けてごらん。 同じ嗜好同士でなければ理解しあえない事だからね。 ドキドキする非現実的な時間を与えます。 「奴隷」 「調教」 「雌豚」 「お仕置き」 「拘束」 「羞恥」 「アナル」 「スパンキング」 「脳逝き」 etc… 静岡県内限定 経験や年齢・容姿などは関係ありません。 興味のある女性 まずは自己紹介から... –

    2021 02/08 8:30 pm
  • もりも

    こんちには。滋賀で女装してます。 緊縛、放置、拘束、言葉責め、イタズラなど好きでやられたいです。 162.75なんでぽっちゃりです。 服装はOL、ストッキングなどです。 スカトロ、痛い系はNGです。 –

    2021 01/19 4:17 am
  • からす

    札幌市中央区在住です。 自営業なので時間はわりと自由です 調教大好きで いい人と出会いたいです –

    2020 11/16 8:56 am
  • 人間便器希望します –

    2020 11/05 7:06 pm

縛 遼太郎入門

男ウケ抜群のコスプレ・シチュエーションプレイでマンネリ対策

マンネリ解消にコスプレエッチや設定を決めて役になりきるシチュエーションプレイは、SM好きでもそうじゃない人でも好きな要素のひとつです。
いろんなコスプレやシチュエーションがありますが、男性はどんな設定が好きなのでしょうか?

好きなコスプレ

男性が好きなコスプレといえば、セクシー系や可愛い系の2点になります。ウケ狙いのおちゃらけのものや、キャラ物や動物などの着ぐるみ系、少年っぽいものはあまり好まれません。

コスプレと聞くとアニメやゲームキャラをイメージする方が多いですが、そういった類はその作品を知っていて尚且つその人が好きな場合はウケがいいですが、相手が知らないもしくは作品は知っているが好きではない場合は全然興奮しないようです。

キャラに絞るよりも、職業系の方がエロさを感じる人が多く好まれやすいです。
看護師、OL、警察、医者、教師、弁護士、などの定番職業(お堅い系)はもちろん、フェチ性が高まってくると、スキニージーンズやハイヒール、タイトワンピースなど普段着ではあるが女性性を感じやすいもので設定を付けて楽しむ人がいるようです。

コスプレの楽しみは「脱がせる」ことだと思います。普段着とは違う服。それを脱がせるときのシチュエーションや空想が楽しいのだと思います。

1位.OL
2位.医者
3位.メイド
4位.看護師
5位.CA
6位.スクール水着
7位.バニー
8位.巫女・和服
9位.学生服
10位.赤ちゃん・幼児服

好きなシチュエーション

コスプレとシチュエーションは切っても切れない関係ですが、衣装が好きなだけの人もいれば、設定込みで楽しみたい人もいます。

シチュエーションはだいたいがあり得ない状況でエロイことが行われることが多いので相手に合わせてあげるとこちらも気持ちよくプレイできます。
慣れないうちはその役になりきるのが何となく恥ずかしと感じますが、相手に触れあうことでそんな感情が吹っ飛ぶので思いっきりなりきって楽しんだ方が満足度が高いです。

シチュエーションなのでコスプレの好みと少し違い服装がメインじゃないため主婦や複数でプレイする寝取など妄想を現実化させたい願望が強いようです。

1位.会社系 OLと上司 女上司と部下 社長と秘書など
2位.病院系 女医と患者 医者と看護師など
3位.空港系 CAと乗客やパイロットなど
4位.警察系 女性警察官とプレイ 監獄ものも人気
5位.キャラ系 アニメやゲームなどのキャラ
6位.ご奉仕系 メイドやウェイターなど
7位.セクシーな痴女 ベビードールやセクシーな格好の女性
8位.人妻系 寝取られなど親族設定で
9位.学校系 生徒と先生
10位.イベント系 コンパニオンなど

普通にセックスやSMプレイをするのもいいですが、たまにはいつもと違う自分になりきって楽しむのもいいものですね。

緊縛女を三角木馬で責めたてるサド男

三角木馬という名前の拷問器具について知っている人は、日本人の中ではどの程度の割合存在するのでしょうか?
この拷問器具は似通ったものであれば世界中にあるとされていますが、日本では特に女性に対して中世の社会で秘密裏に利用されていたことが多い器具とされています。
いかにもなにかを苦しめるために作られたかのように、わざとらしく鋭利なかたちをした三角を持つ木馬は、その名の通り木馬として異性に騎乗させるために作られています。

この器具を用いた場合の強い刺激は、その器具の形状を実際に見るだけでも想像できますが、実際にそれを使って調教を行っている映像を観た方がより理今解できるでしょう。
今回ここでご紹介する動画は、まさにそのような三角木馬を使ったM女の拷問プレイを映した映像となっています。

しかもこの映像の中で女性はただ木馬に載せられるだけではなく、全身を縄で緊縛された姿のまま様々な仕打ちを受けています。
このように緊縛によって四肢の自由が奪われた状態のままでは、人は上手く体のバランスをとることができないため、その分木馬による刺激は大きなものとなります。

映像の中では最初からまるですべてを悟って諦めたかのようにうなだれる女性が映り、この女性を延々といじめる男の姿が収められています。
この映像を観て分かることの一つは、先ほどまでに書いたような三角木馬と緊縛の合わせ技はとても強力であるということがまず挙げられます。

しかしそれに併せてもう一つ理解できるのは、こういった三角木馬や緊縛といった、明らかにSMらしい見た目のプレイはシチュエーションプレイとしてとても有益だということです。
たとえば自分で精巧な造りの三角木馬を用意できなかったとしても、見た目上はそれっぽい木馬さえ用意できれば、ただそれを使っているだけでもSMプレイはシチュエーションとして楽しみやすいものとなるでしょう。

また、高度で危険な緊縛術を用いなくても、ただ全身を軽く自己流で縛るだけでも、見た目の上ではとてもSMらしく見えることによって、SMプレイを普段より楽しみやすくなるのではないかと思います。
この動画の場合でも実際にはAV女優の体に無駄な負担がかからないように、縄の縛り方は緩くしてあり、木馬もあまり性器を刺激しすぎないように特別設計されているのではないかと推察できます。

ただ実際この映像はそのような裏で行われているだろう安全対策を考慮しても、刺激的な内容は変わらないため、普通のSMプレイを行うよりはずっと刺激的な魅力に溢れているのが良いところだと思います。
なおこういった動画に映っている三角木馬のような大きな調教アイテムは、とてもマニアックなお店を利用しない限りは手に入れることすら難しいのが基本と考えていいでしょう。

なので研究熱心な男性の中には、こういった器具を自作する人も多いですし、ただ妄想の中だけで楽しむシチュエーションとして捉えている人も多いようです。
そのため自分のSMスキルや熱意、資金などが足りないと感じた場合はあまり無理をせず、このように様々な見どころのあるアダルト映像を観て満足しておくのが一番良いのではないかと思います。

しかしそれでも自分でこういったハードなSM調教を楽しんでみたいと考えるなら、さまざまな刺激的なSMプレイを自分でこなせるくらいの経験を積むため、まずはSM好きなパートナーとの出会いを本気で求めてみてほしいと思います。

続きを読む

よかろうっ!俺が牝犬ペットで抜いてやるっ!!!

牝犬

無類のメス犬愛好家であれ俺は、実は知る人ぞ知る牝犬ペットシッターでもあるのだ。
俺の手にかかればどんなにやんちゃな牝犬もワンともスンとも言わずに飼い主の言う事を聞く性奴隷へと変貌する。

とりわけSM専門サイトに居るような男にいじめられないとマンコが濡れないタイプの変態M女は調教しやすくて楽しいものだ。
ご近所のパパママに教育熱心なアンドレアス・キッサー(46歳)さんと高く評価されている俺だから、当然こういったドM女の世話をつい最近も行ったばかりだ。

続きを読む
TOPに戻るTOPに戻る