巨乳美人ニューハーフとの調教体験談 | SM出会い入門|素人SMパートナーとの出会い

HOME > SM出会い体験談 > ニューハーフ > 巨乳美人ニューハーフとの調教体験談
SM出会い入門掲示板最新書き込み
  • こーいち

    医療プレイを受けたい女性患者さんを募集しています。 安全で清潔で痛くないプレイをしており豊富な経験があり、優しく厳しくプレイをすすめられます。 なかなか一歩踏み出せないかもしれませんが、お返事いたたければ、まずはいろいろお話しからさせていただきます。 どうぞよろしくお願いします。 –

    2019 01/08 12:53 am
  • ジュン

    しゅんさん深夜に失礼します。 歴20年ほどでM娘を愛玩犬として愛でつつ調教するのを好みまいす。また、長身好きなので目に留まりレスした次第。 176cm/78kgダイエット始めました。住みは都区内の新宿線沿線で、バツありますが独身で1人暮らししてます。性格については、調教は厳しいが日頃は温厚で優しく甘やかせ上手と言われます。雰囲気の分かる写メ送れます。 お手やお代わりなど躾けますので発表会で披露したり、全裸つけた首輪のリードを牽かれ屋内外でお散歩しませんか。ご奉仕も一生懸命していただきたい。何事も、上手くできればご褒美を、失敗したらエッチに虐めちゃいます!過去の調教写真など送れます。 お相手がまだ決まってない様でしたら、詳細をカカオかメールで話しませんか? カカオ゛ junjun313895 メール mj.sm.mail@gmail.com –

    2019 01/04 3:47 am
  • 真優美

    書き込み最後まで読んで下さいね(^-^) 私を雌奴隷として調教していただけるSな女装様、Sな殿方様を探しています。 私は大阪住みのパイパンドMな完女ですm(_ _)m 好きな事は拘束具や縄で拘束される事 変態な格好で首輪を装着させられてリードで野外強制散歩など 羞恥調教に興奮する変態女装です。私を変態奴隷として堕としていただきたいです。もちろんご奉仕は必ずさせていただきます。 私は175/80/32でナチュラルな感じで派手ではないです。 NGは服や髪が汚れたり汚物が付いたりする事、出血を伴うような身体に傷が付くような事です。 プロフ、写真ある方のみ返信しますm(_ _)m 一言だけとか意味不明なメッセージは無視させていただきます。 よろしくお願いしますm(__)m メール:mayumi.nakamura1985@gmail.com カカオ:mayumi1985 –

    2018 11/15 11:00 pm
  • ようすけ

    関西で金蹴り、玉責めに興味ある女性のかた、楽しくプレイしませんか。 –

    2018 09/13 7:41 pm
  • 人志

    女性の気持ち良く成る姿を見て見たい。 –

    2018 08/16 6:36 am
  • ルトラキ

    貴女の心の中にあるM性を自覚したのはいつですか? それはどんな事がきっかけだったのでしょう? 最初はメールをやり取りする中で、お互いの人柄や考え方などをゆっくりと時間を掛けて 理解しあえればって思っています。 そしていつか自然にお互いに「逢ってみたい」という気持ちが生まれる・・・そんな出会い が理想です(^-^)。 相手にどんな事をしたいか、どんなジャンルの調教が好きか等という性的や肉体だけの 「単なるプレイの関係」というものではなく「お互いを尊重し、心から信頼しあった絆」 を築ける方を希望しています。 興味がある事などを色々試していく中で、貴女の心に秘められている嗜好を二人で発見 しながら一緒に歩んで行きませんか?。 僕の嗜好を少しお話しすると、緊縛・言葉責め・羞恥、そして羞恥心を更に煽るための ソフトな露出などです。 苦痛を伴う事やスカトロ等は好みではありません。 ハードな調教や体験をされてきた方とは、おそらくお話が合わないと思います。 心の中に芽生えたM性を確かめてみたい方、僕に対して興味を持って頂けた方も、 少し勇気を出してメールを頂けませんか。 心よりお待ちしております。 メールアドレス:loutraki_moon@yahoo.co.jp –

    2018 07/12 11:42 pm

縛 遼太郎入門

巨乳美人ニューハーフとの調教体験談

ニューハーフ

「ニューハーフでもいいですか?」
きっかけは一通のメッセージだった。
ニューハーフには全く興味はなかったが、調教希望のM女を求めて出会いサイトを利用したものの「他の男性と会う事にしました」など思うような出会いに恵まれず半ば諦めていた時に届いたこのメッセージに望みをかけてみる事にした。話は順調に進み待ち合わせ当日。
オレの前にやってきたのはごく普通の女性だった。
強いていえば少し背が高いかなという程で、男性らしい要素は全くなかった。名前はユリコという。
SM調教もOKという事で話もそこそこにラブホへ向かう。
もし隣にいるのが男丸出しだったならこんな羞恥プレイはないと気持ちは萎えていただろうが、ためらいなくラブホに誘う事ができたのは想像以上に女性らしい容姿だったからに他ならない。

部屋に入りとりあえずベッドに並んで腰掛ける。そしてそのままキスを交わし、胸を揉んだ。
当然、豊胸手術の賜ではあるがGカップだと言っていた胸は揉み応えがある。
「服、脱いでよ」
ひとしきりキスと胸の触り心地を堪能してから、服を脱ぐように促す。ユリコは恥ずかしそうにしながらもゆっくりとブラウスのボタンに手をかけた。
顔は女、胸も豊満、なのに股間には男のチンポが付いている。その異様なアンバランスさが何故か妙にエロティックで興奮した。こんな感覚は初めてだった。
さっきのキスと胸への愛撫がよかったのか、それともこの羞恥的なシチュエーションに興奮しているのか、ユリコのチンポは半勃ちになっていた。
「恥ずかしい…そんなに見ないで…」
物珍しさからしばらくの間、顔と胸、チンポを舐め回すように見ているとユリコが恥ずかしそうに手で股間を覆った。
「隠すなよ。そんなにでっかいクリチンポを持ってる女なんてそうそういないぞ」
そう言ってオレはユリコの腕を後ろに回し、持参した手枷で拘束した。
「あっ、イヤ…」
「イヤ?その割にはクリチンポが涎を垂らしてるぞ」
ユリコのチンポの先端からにじみ出る我慢汁を指先で亀頭に塗り広げながらわざと卑猥な言葉でイジメてやると、気持ちよかったのか勃起度が増した。
「さすが、デカいだけあって敏感なクリチンポだな。そんなに弄られるのが好きなのか?でもまずはオレのチンポへ奉仕をしてからだ」
オレもチンポを露わにすると、ベッドに腰掛けるオレの足の間にユリコを膝立ちにさせ、咥えるように促した。
ジュルジュルッジュポジュポジュルジュルッジュポジュポ
舌使いは絶妙だった。やっぱり元男だからだろうか。どこをどうすれば気持ちよくなるかを熟知したテクニックにオレは息を飲んだ。
油断するとすぐにイカされてしまいそうになるのを堪えながら、ユリコの頭を押さえつけチンポで喉の奥を突き上げた。
「んぐっ…んんっ」
苦しそうな声を上げるユリコにオレの嗜虐心は高まる。オレはさらに激しくチンポを突き上げた。
「出すぞ」
オレはそのまま口内に精液を吐き出した。
涙目になりながらも笑みを浮かべながら精液を飲み干すユリコの顔が最高にエロかった。

「次はお前をイカせてやる」
オレはユリコの手首にはめていた枷を外し、ベッドの上に仰向けになるように促した。
そして、両手で両足を抱きかかえるように命じるとその状態で再度手首を枷で戒めた。
こうすると、ユリコの顔とチンポとアナルが全て丸見えになる。
「ああっもぅ…恥ずかしい…」
そう言いながらもユリコのクリチンポからは我慢汁がトロトロと垂れ、自らの肌をぬめらせていた。
オレはその我慢汁を今度はクリチンポ全体に塗りつけるようにしながらしごいてやった。
ズチュズチュズチュ
我慢汁とクリチンポが擦れ合う卑猥な音が響く。
ついでにもう片方の手で乳首も弄ってやるとクリチンポはますます硬さを増した。
「あはぁ…んっ」
チンポは男なのに顔は女。女がチンポを触られてエロ顔を晒し悦んでいる。
今までに見た事のないこの光景にオレはより一層興奮を覚えた。
さらに激しくしごいてやるとトロトロと我慢汁が垂れ流れて今にもイキそうだ。
そこでオレは一度手を止めた。そしてこのチンぐり返しのポーズにさせてからずっと物欲しそうにひくついているアナルにバイブを挿入してやった。
今まで散々使い込まれてきたのか、ローションを塗り込めただけですんなりと入った。
「あぁっ…!いぃ…!!」
バイブのスイッチを入れるとユリコは体を震わせながらよがる。
「そんなにイイのか?お前のケツマンコもクリチンポもどうしようもない淫乱だな」
オレはバイブをピストンさせながら、同時にチンポを再度激しくしごき立ててやった。
「ひぃぃぁ…!!!!あぁ…ん、もう…もぅ…おかしくなりそう…!!」
ユリコはGカップの乳房を上下に激しく揺らしながら悶える。その間、何度かイキそうになるのをしごく手の動きを緩めながら焦らしてやった。
「もぅ…イキたい…イカせて…お願い…!」
「それがお願いする態度か?何をどうイカせてほしいんだ?」
「わ、私の淫乱ケツマンコとクリチンポをもっと激しくイジメてイカせてください…っ!!!!」
切なそうな泣き顔でオレの顔を見ながらユリコは卑猥な言葉を口にしながら懇願した。
オレはイキ狂えと言わんばかりにバイブを激しく出し入れしながら、クリチンポをしごいてやった。
「あぁああっぁあぁあぁあぁぁぁ…っ!!!!」
ユリコは大きく体を痙攣させながら、精液を迸らせ果てた。

乳房にまで精液を撒き散らしたユリコは力なく微笑みながら「ありがとうございます」と吐息混じりに言った。
今まで色々なM女と会ってプレイをしてきたが、こんなにエロくて興奮した出会いは初めてだった。
この日からオレはニューハーフがクセになってしまった。

タグ:

こんな記事も読まれています

SM出会いサイト分析[おしめり遊戯]

縛 遼太郎が認めたSMサイトの更新情報

Copyright©2014 SM出会い入門 All Rights Reserved.
TOPに戻るTOPに戻る